駄句一句

 「駄句詠んで春夏秋冬お気樂に」 端暮


 駄句一句 2007年(平成19年)

炎昼やお宝探す蚤の市(07/8/21)



蛹からまるで手品さ揚羽蝶(07/9/4)



鳥が来た無花果熟れてほら蟻も(07/9/9)



ボロ市でやだな狸にひと目惚れ(07/9/20)



久野林道落葉毛に付けはしゃぐ犬(07/9/25)



菊まつりたい平文夫に弄(いじ)られて(07/10/8)



澄んだ空徳した気分天高し(07/9/20)



足柄の友の便りは山ぶどう(07/10/18)



広場ではみんな嵐寛(あらかん)赤とんぼ(07/11/12)



何と詠むこの秋爽を芭蕉なら(07/11/21)



庭仕事カラダのためと落葉掃き(07/11/26)


  駄句一句 2008年(平成20年)

小田原の蜜柑酸っぱし玉の春(08/1/2)



還暦や赤いべべ着て冬金魚(08/1/21)



街並を名画に変える雪景色(08/2/3)



白梅や良句浮かばず臍(ほぞ)を噛み(08/2/19)



河豚なども転がる湊春うらら(08/3/18)
             (小田原漁港にて)



ベランダにゴムの木移す春となり(08/3/23)



下見ても上を向いてもさくら最後(08/4/5)



花冷えやトイレの側に陣を取り(08/4/12)



犬連れて予防注射の春となり(08/4/18)



みな皐月あの道この道次の路地(08/4/30)



小樽では今が桜と文来(きた)る(08/5/9)



三渓園やはり目が行く花菖蒲(08/5/17)



吹く風も湿り気帯びて青梅かな(08/5/24)



紫陽花と言えばホラいた蝸牛(08/5/28)



下町で洋食たべて梅雨に入り(08/6/3)



お裾分けちょっと惜しいなほうば巻き(08/6/13)



女房が居ぬ間に梅酒隠れ飲み(08/6/23)



この夏は団扇で我慢エコっ子でぇ(08/7/2)



梅干しの干す香酸っぱく土用かな(08/7/25)



渓流をジャバジャバジャバ惜しむ夏(08/8/22)
                 (秋川渓谷にて)



夏が行くあぁ暑かったなぁ金魚(08/8/30)



いつ見てもなぜか妖しき曼珠沙華(08/9/16)



風まかせ
雲は気まぐれ秋の空(08/10/2)



夕暮れを待ちきれなくて新走(あらばしり)(08/10/10)



スナックからしみじみ演歌秋の宵(08/10/23)



咲いたねと妻と二人で小菊かな(08/10/30)



山茶花や今宵冷え込む予報なり(08/11/18)



控えめに地道にやるさ石蕗(つわ)の花(08/11/28)



柿たわわ獲る人もなく冬日射す(08/12/1)



不況風吹けど万両元気よく(08/12/5)



掃いても掃いても落ち葉大けやき(08/12/8)

ぬか漬にするかサラダか赤大根(08/12/22)

なぜ鳴くのやたら騒がし寒鴉(08/12/25)


年越しは海老天揚げて晦日そば(08/12/31)


  駄句一句 2009年(平成21年)

お祖師さま散歩がてらに初詣(09/1/2)

ボサノバも唄う小春の小正月(09/1/19)



チョコ摘みバレンタインに飲るバーボン(09/2/15)

鼻づまり金づまりより益しな春(09/3/13)



ネコヤナギ花器で芽を出し根まで出し(09/4/16)



夏の日の日食ショーに怨み雨(09/7/22)
            
皆既日食の日に)

上海の夏を惜しんで古酒を飲み(09/9/5)


  駄句一句 2010年(平成22年)

またひとつ歳を重ねて雑煮かな(10/1/1)



節分や一夜明ければ豆も塵(ごみ)(10/2/5)



薄っすらと積もって嬉し白き屋根(10/2/16)



桜づゆ外出(そとで)諦めひとり酒(10/3/25)



網代では桜二分咲き里の山(10/3/29)



ジシバリが一輪咲いて初夏の風(10/5/10)


 
ヒメダカがスイと涼しげ夏来る(10/7/2)


ずい筆 TOPへ
ETCに戻る