駄句一句


 「駄句詠んで春夏秋冬お気樂に」 端暮




 駄句一句 2007年(平成19年)


お宝は汗で掘り出す蚤の市(07/8/21)




蛹から手品みたいに夏揚羽(07/9/4)




無花果や蟻も列なす甘さかな(07/9/9)



道具屋で惚れた狸と濁り酒(07/9/20)



愛犬と山路を急ぐ彼岸かな(07/9/25)




菊まつり笠間の高座で笑い取り(07/10/8)



東京も今日は殊更秋高し(07/10/17)



友からの荷物開ければ山の秋(07/10/18)



チャンバラといえば空き地と赤とんぼ(07/11/12)



どう詠むかこの秋爽を芭蕉なら(07/11/21)



零になる還暦近し落葉掃く(07/11/26)



冬晴れや心底冷えて読経聞き(07/12/22)

  
     (親類、榊原徳夫さんの葬儀にて)




  駄句一句 2008年(平成20年)


酒の後蜜柑を分ける玉の春(08/1/2)




還暦や赤いべべ着た冬金魚(08/1/21)



街並を名画に変える雪となり(08/2/3)




白梅やいい句浮かばずホ〜ホケキョ(08/2/19)




漁終えし漁師眠たげ春湊(08/3/18)
           
       (小田原漁港にて)




ベランダに鉢植え移し春うらら(08/3/23)



さくら散る風情愛で愛でぶらぶらと
(08/3/27)



油断すな寒気も混じる春の風(08/4/12)



卯月来て予防注射に獣医まで(08/4/18)



あの道もこの道も咲く皐月どき(08/4/30)



函館は今が桜と文来る(08/5/9)



三渓園やはり目が行く花菖蒲(08/5/17)




吹く風も湿り気帯びて青梅かな(08/5/24)



紫陽花や午后にはやはり雨となり(08/5/28)



下町の洋食食べて梅雨に入り(08/6/3)



ほうば巻き木曽から届き皆で喰い(08/6/13)



庭で穫り自前の梅酒造る初夏(08/6/23)




この夏は団扇で我慢ECOっ子でぇ(08/7/2)



梅干を干す香酸っぱく土用かな(08/7/25)



立秋を過ぎて無花果赤くなり(08/8/15)



渓流に両足浸けて夏惜しむ(08/8/22)


         (秋川渓谷にて)



八月もあと二日哉なぁ金魚(08/8/30)



物忘れなぜか身に染む秋の風(08/9/16)



飄々と流れる雲や秋日和(08/10/2)



秋めきて喉から手が出て独り酒(08/10/10)



ネオン街今日は寄らずに秋の暮れ(08/10/23)



咲いたねと妻と二人で小菊かな(08/10/30)




山茶花や今宵冷え込む予報なり(08/11/18)



控えめに咲くつわ蕗や秋深し(08/11/28)



柿たわわ獲る人もなく冬日射す(08/12/1)



師走来て公孫樹の大樹鳥集う(08/12/3)



不況風吹けど万両元気よく(08/12/5)



掃く裡にまた落ち葉なり大欅(08/12/8)

雲ひとつない冬空や赤大根(08/12/22)

年の瀬はやたら騒がし烏まで(08/12/25)


晦日そば今年も一年つつがなく(08/12/31)



  駄句一句 2009年(平成21年)


初詣散歩がてらにお祖師さま(09/1/2)


ボサノバも歌う小春の小正月(09/1/19)



立春を過ぎて長めのウォーキング(09/2/6)



チョコ摘みバレンタインに飲るバーボン(09/2/15)

金魚の尾ひららひらひら春近し(09/2/19)


鼻づまり金づまりより益しな春(09/3/13)



猫柳花器で芽を出し
根まで出し(09/4/16)



夏の島日食ショーに怨み雨(09/7/22)

     
     
皆既日食の日に)

土用干し人目忍んで摘み食い(09/8/1)



上海で夏の名残に雑技観る(09/9/5)



意地悪くなぜか居座る秋の雨(09/10/3)



悲報聞きイムジン河を口ずさみ(09/10/20)
        
      (加藤和彦逝く)


大往生森繁死して落葉かな(09/11/12) 
    
     ( 9/10名優・森繁久弥、96歳で死去)



  駄句一句 2010年(平成22年)

またひとつ歳を重ねて雑煮かな(10/1/1)



上天気初売りの聲高らかに(10/1/6)




ニュースまで列島震わす大寒気(10/1/16)
     
    (小沢幹事長・元秘書・石川議員など逮捕



節分も一夜明ければ豆も塵(ごみ)(10/2/5)



冬季五輪最初のメダル銀と銅(10/2/16)


  (男子スピードスケート500m 銀:長島圭一郎、銅:加藤条治)



噺家の夫婦も門出寒緩む(10/2/21)

   (立川志らら・高橋小百合結婚披露パーティーに出席)



桜梅雨家を出られず鬱々と(10/3/25)



網代では桜二分咲き干物買う(10/3/29)



ジシバリが一輪咲きて初夏の風(10/5/10)


ずい筆 TOPへ
ETCに戻る