あなたのブラウザはJavaScriptが利用できません
工企画

 

 
人と物と事を繋ぐ、
木々に囲まれたスペースです。

GALLERY工はケヤキの木がロゴマークです。

GALLERY工はケヤキの木がロゴマークです。

有限会社工企画
GALLERY 工(こう)+with
(梅里一八八)
東京都杉並区梅里 1-8-8
301号室(事務所)
101号室(ギャラリーやイベントスペース)
03-3313-5065
info@ga-kou.com

1-8-8,Umesato,Suginami-ku,
Tokyo JAPAN
(+81) 3 3313 5065
 

画像をクリックいただくと地図が大きく表示されます。

 

 
ここをクリックするとページが最新になります。
 
Click here, the top page will switch to the latest one.
 

 
ショップ
webshop


縁起物って、何だかいいね、
可愛いね。


作者の村田肇一さんは、タタラづくりという工法で、動物を創っています。
来年の干支、自分の干支、贈りたい方の干支、何を選ぶか、それこそ干支セトラ。

「はじめいくこショップ」へ
 

 
落語会
Rakugo


2023年1月29日(日)
15時開演(30分前開場)
第17回
梅里一八八Come on in 落語会

ゲスト 三遊亭歌彦さん

世話人:浜美雪、濱田始

プロフィール:
関西学院大在学中、落語と出会い落研に入部。落語にのめりこむうち、初めて行った新宿末広亭で師匠の高座をみてぞっこん。卒業前に寄席の出番を終えた師匠に突撃直訴。前座名は高知だけに(?))歌つを。
ただし2021年3月に二つ目に昇進した折に師匠の二つ目時代の高座名だった歌彦を襲名。寄席の他、歌彦勉強会を隔月で開催する一方、高知でも落語会を開催。
出囃子の「しばてん音頭」のシバテンとは、人間をみると相撲を挑んでくる河童に似た毛深い妖怪で、最初は負け続けても次第に力をつけ相手を負かすという。歌彦さんも修業を続けるうち大看板になる予定である。

木戸2500円(税込)

終演後、参加自由の打上げがあります。(500円)

 
2023年の今後の予定:

高円寺演芸まつり参加企画

2月11日(祝土)開演 14:00(開場は30分前)「たぬきの会」
出演:柳家小春、ぺんぺんず(柳家小春一門、前座演奏)

御予約2000円 当日2500円 狸せんべいのおまけ付。御予約の方のみ、たぬきケーキご希望の方はプラス400円。定員20名様

御予約はinfo@ga-kou.comまで



高円寺演芸まつり参加企画

2月16日(水)開演19:00、ひつじの古本祭り GALLERY工+with、開演 19:00、出演:柳家花いち(落語)、春風亭昇羊(落語)、春風亭昇市(落語)、前売2000円当日2300円(税込)お問合せ・御予約 info@ga-kou.com ※昇羊さんの自主企画です。
チラシはこちらをクリックください。)


高円寺演芸まつり参加企画

2月19日(日)開演 14:00、立川志の太郎落語会、前売2000円当日2500円 お問合せ・御予約 info@shinotaro.jp ※志の太郎さんの自主企画です。(チラシはこちらをクリックください。)


落語会

3月5日(日)開演15時、梅里一八八カモニン落語会、ゲスト:桂紋四郎


落語会

3月12日or25日(どちらか未定) 笙とヴィブラフォンと朗読 會田瑞樹、出会ユキ+one ※WAN主催


出店

4月8日(土)、マルシェ出店予定(雨天は4月22日)


落語会

4月9日(日)、開演15時、梅里一八八カモニン落語会、ゲスト:立川幸朝


展覧会

4月15日(土)~23日(日)、yuyutoto展(仮題)木村藤一(木の動物)、木村祐子(革のオサイフなど)


落語会

5月14(日)


展覧会と交流会

5月20日(土)~28日(日)、陶と笙のAI(仮題)、出品と出演 佐野はるか、出会ユキ


展覧会

6月10日(土)~18日(日)、片山頼子(ガラス)永井佳奈子(金工)琉球藍染工房(染色)展(仮題)


展覧会

9月2日(土)~10日(日)、伊藤珠子陶展(仮題)


7月調整中ですが、スペースお使いいただけます。宜しければご相談ください。

 
終了した展覧会・イベントにつきましては、アクティビティのページをご覧ください。
イベントのページへ
 

 
カモニン落語会 カモニン落語会のこれまでの開催の履歴を別ページに纏めました。

続きを読む