端暮日記 新連載! 
のんきな暮らし

如月やのんき装いへらへらと 端暮


もくじ

はじめに ●最新の記事
2018年・冬 (平成30年) 1月><2月
2017年・夏 (平成29年) <8月
2017年・秋 <9月><10月><11月
2017年・冬 <I2月

ハマダ伝・改作版IN


IN MY LIFEIN

*CM撮影で、若き日の石坂浩二さんと

GALLERYヒストリーIN


駄句一句IN


はじめに

人生、のん気に暮らしたい。
だけど、なかなか呑気になんか暮らせない。
だから、暢気を装い、へらへらと…。

端暮は、はしくれと読む。一応、俳号というか、雅号のつもりです。はし‐くれ【端くれ】とは…1 木などの端を切り落としたもの。2 取るに足らない存在ではあるが、一応その類に属している者。多く、謙遜しながら自分を表すときに用いる。さて、端くれのくれを、暮としたのは、いよいよ自分が人生の 暮れ方、晩年に向かっているという意味合いも含めています。 そこで、これから、つらつらと思い立った時に書く私の日記を、 端暮日記としたいと思っています。

ところで、大正7年(1918年)頃から流行した俗謡で、添田唖蝉坊 (そえだあぜんぼう)が社会を風刺して歌い、昭和に入って演歌師の 石田一松も歌い、人気を博した、歌の終わりに「はは、のんきだね」 という 囃子詞(はやしことば)が入るところから、「のんき節」と呼ばれ た流行り唄があります。You Tubeで聴いてみようと捜したら、 春日八郎のレコードで、こんな歌詞の「のんき節」がありました。

のんき節

貧乏でこそあれ 日本人は偉い
それに第一 辛抱強い
天井知らずに 物価は上がっても
湯なり粥なり 啜っていきている
はは、のんきだね

万物の霊長が マッチ箱みたよな
ケチな巣に住んでる 威張ってる
嵐にブッ飛ばされても 津波を喰らっても
天災じゃ仕方がないさで 済ましてる
はは、のんきだね

月給を二倍に してあげましょう
税金も二倍に してあげましょう
物価は三倍 四倍に してあげましょう
私の算術なかなか 上手いでしょ
はは、のんきだね

パリの空の下 セーヌは流れる
東京は隅田という名の ドブが流れてる
オリンピックに集まる 青い目の人たちは
さだめし鼻を摘まんで 見物召さるだろ
はは、のんきだね

のんき節へ<IN

さて、さて、私、クリエイターの端くれとして、「人生は死ぬまで プレゼンテーション」だと思っています。コピーライターや、CD、 プロデューサーとして、大した才能もないままに、いろんなことをやってきました。アート展や、音楽イベント、落語の会などの企画・プロデュース、 そして、作詞。最近では、がんという厄介ものを抱えながら、 山あり谷あり、あれやに、これや、色々と…。そんな中で感じたことや、 思ったことを、ざっくばらんに綴っていく所存です。


     雪が降る安井かずみを想う季節(とき) 2018/2/23(金)

          <最新の記事>

まずは写真ですが、先日の大雪の後、もう1日薄っすらと積もった日に撮ったものです。最近の私はといえば、冬季五輪で日本のメダル最多に湧く平昌五輪のTV中継を観る合間に、ブルーレイに録画した番組や映画を観て過ごしています。

中で、昭和偉人伝「岩谷時子&安井かずみ」がとても印象的でした。この二人の共通点は、二人とも洋楽曲の訳詩から歌謡曲の作詞家となり、ヒット曲を連発したことだと言っていました。

特に今回、私は、安井かずみに注目しました。

安井かずみ作詞:「恋のしずく」伊東ゆかり、「経験」辺見マリ、
「わたしの城下町」小柳ルミ子、「草原の輝き」アグネス・チャン、
「折鶴」千葉紘子、「赤い風船」浅田美代子、「危険なふたり」
沢田研二、 「よろしく哀愁」郷ひろみ、「不思議なピーチパイ」
竹内まりや等。

そうそう、それから、あのアダモの「雪が降る」も、作詞:安井かずみなんですよね。

雪は降る あなたはこない
雪は降る 重い心に
むなしい夢 白い涙
鳥は遊ぶ 夜は更ける
あなたはこない いくら呼んでも
白い雪が ただ降るばかり
ラ ラララ… ム ムム…

雪が降る  尾崎紀世彦 (アダモ作曲)

https://www.youtube.com/watch?v=oAONatligZY

後、この番組の中で言っていたんですが、安井かずみがすごく気に入っていたという「折鶴」、私も、とても気に入っています。

折鶴 

歌:千葉紘子 作曲:浜圭介

https://www.youtube.com/watch?v=hOjhiQRSl7g

誰が教えてくれたのか 忘れたけれど折鶴を
無邪気だったあの頃 今は願いごと
折ってたたんで裏がえし まだおぼえてた折鶴を
今あの人の胸に とばす夕暮れどき
わたしは待っていますと伝えて
いつでもきれいな夢を いろんなことがあるけれど 
それは誰でもそうだけど 悔いのない青春を
詩(うた)って歩きたい

ところで、彼女の訳詞にはこんなものがあります。
訳詞(みナみカズみ名義を含む)

・ドナドナ(歌:岸洋子)
・オー・シャンゼリゼ(歌:ダニエル・ビダル) 
・サマー・ホリデー(歌:紀本ヨシオ)
・ヘイ・ポーラ(歌:田辺靖雄・梓みちよ)
・G.I.ブルース(歌:ダニー飯田とパラダイス・キング)
・悲しきカンガルー(歌:ダニー飯田とパラダイス・キング)
・レモンのキッス(歌:ザ・ピーナッツ)
・アイドルを探せ(歌:シルヴィ・ヴァルタン)

詞を書いている私としましては、とても参考になる作詞家の
一人です。


NEXT
GALLERY工+Withに戻る