端暮日記 新連載! 
のんきな暮らし

梅雨の候のんき装いへらへらと 端暮


もくじ

はじめに ●最新の記事
2018年・冬 (平成30年) 1月><2月
2018年・春 (平成30年) 3月><4・5月
2018年・夏 (平成30年) 6月
2017年・夏 (平成29年) <8月
2017年・秋 (平成29年) 9月><10月><11月
2017年・冬 (平成29年) I2月


ハマダ伝・改作版IN


IN MY LIFEIN

*CM撮影で、若き日の石坂浩二さんと

GALLERYヒストリーIN


駄句一句IN


はじめに

人生、のん気に暮らしたい。
だけど、なかなか呑気になんか暮らせない。
だから、暢気を装い、へらへらと…。

端暮は、はしくれと読む。一応、俳号というか、雅号のつもりです。はし‐くれ【端くれ】とは…1 木などの端を切り落としたもの。2 取るに足らない存在ではあるが、一応その類に属している者。多く、謙遜しながら自分を表すときに用いる。さて、端くれのくれを、暮としたのは、いよいよ自分が人生の 暮れ方、晩年に向かっているという意味合いも含めています。 そこで、これから、つらつらと思い立った時に書く私の日記を、 端暮日記としたいと思っています。

ところで、大正7年(1918年)頃から流行した俗謡で、添田唖蝉坊 (そえだあぜんぼう)が社会を風刺して歌い、昭和に入って演歌師の 石田一松も歌い、人気を博した、歌の終わりに「はは、のんきだね」 という 囃子詞(はやしことば)が入るところから、「のんき節」と呼ばれ た流行り唄があります。You Tubeで聴いてみようと捜したら、 春日八郎のレコードで、こんな歌詞の「のんき節」がありました。

のんき節

貧乏でこそあれ 日本人は偉い
それに第一 辛抱強い
天井知らずに 物価は上がっても
湯なり粥なり 啜っていきている
はは、のんきだね

万物の霊長が マッチ箱みたよな
ケチな巣に住んでる 威張ってる
嵐にブッ飛ばされても 津波を喰らっても
天災じゃ仕方がないさで 済ましてる
はは、のんきだね

月給を二倍に してあげましょう
税金も二倍に してあげましょう
物価は三倍 四倍に してあげましょう
私の算術なかなか 上手いでしょ
はは、のんきだね

パリの空の下 セーヌは流れる
東京は隅田という名の ドブが流れてる
オリンピックに集まる 青い目の人たちは
さだめし鼻を摘まんで 見物召さるだろ
はは、のんきだね

のんき節へ<IN

さて、さて、私、クリエイターの端くれとして、「人生は死ぬまで プレゼンテーション」だと思っています。コピーライターや、クリエイティブ・ディレクター、 プロデューサーとして、大した才能もないままに、いろんなことをやってきました。アート展や、音楽イベント、落語の会などの企画・プロデュース、 そして、作詞。最近では、がんという厄介ものを抱えながら、 山あり谷あり、あれやに、これや、色々と…。そんな中で感じたことや、 思ったことを、ざっくばらんに綴っていく所存です。


 梅雨の候四度目の入院三年(みとせ)前 2018/6/11(火)

          <最新の記事>

7日に定期健診があり、抗がん剤の投薬治療も3週目を迎え、今が一番副作用が厳しい時期で、今週の金曜からは1週間の休薬に入ります。副作用による倦怠感はあるものの体調はまずまず、歳時記ではありませんが、月ごとに今まで2013年から撮りためた映像の整理などもはじめています。

まずは、6月の映像ということで整理しだしたのですが、2015年の6月に家族でセラミック作家のHOTCHさんの、群馬県伊勢崎市三和町にある工房におじゃました時の写真がとても印象に残りました。

Facebookに投稿した内容も2013年からファイルしてありましたので改めて読み返してみましたら、この工房におじゃましたことや、そのすぐ後に入院していたことが書かれていました。

2015・6・9(火)

昨日は、家族でセラミック作家のHOTCHさんの、群馬県伊勢崎市三和町にある工房におじゃましました。HOTCHさんの工房は、畑の中にあり、色々と説明を聴かせていただくと、窯とか色々な機材が手づくりのものが多く、感心させられました。

そして、HOTCHさんご夫妻のカントリーライフもあれこれ体験させてもらい、それは贅沢なひと時でした。

例えば、畑に落ちている梅の実を拾わせてもらったり、ビワをもいでもらったり。お昼は、HOTCHさんお手製の群馬名物の手打うどんや、奥さまの揚げた畑で獲れた野菜の天ぷら、きゃらぶき、空豆等々、心の籠ったおもてなしをしていただきました。

他に飼っているニワトリを遊ばせたり、只今、試作中というセラミックのストーブを見せてもらったり。帰りには、生みたて卵を分けていただいたり、野菜もたくさんいただいて、 ベリーグッドな工房探訪となりました。



2015・6・22(月)

ちょっと、又、別荘暮らしをしてきます。6月9日の帝京病院での定期検診(MRI・血液検査)の結果、新たな病巣が見付かり、大きくなる前に治療しておいた方がいいということで、去年も一度やりましたTACE.(肝動脈化学塞栓療法)をやることになり、明日から入院ということになりました。一週間の予定です。

先手、先手で、対処するということで、全然、深刻に考える必要はないとのこと。私の方も、健常者と変わらぬ元気な日々なので、4度目の入院、マイッタなという気分なのですが、転ばぬ先の杖で、もう転んでいますか(笑)…治療に行ってこようと思っています。やはり、この病気は根気よく付き合うしかないようです。

疲れた人は、しばし路傍の草に腰をおろして、道行く人を眺めるがよい。人は決してそう遠くには行くまい。 ツルゲーネフ

こうしてみると、日常生活もエンジョイしながら、あの頃からずっと、
しぶとくガンファイトしているのだなと改めて思いました。


NEXT
GALLERY工+Withに戻る