端暮日記 新連載! 
のんきな暮らし

春盛りのんき装いへらへらと 端暮


もくじ

はじめに ●最新の記事
2018年・冬 (平成30年) 1月><2月
2018年・春 (平成30年) 3月><4月 
2017年・夏 (平成29年) <8月
2017年・秋 (平成29年) 9月><10月><11月
2017年・冬 (平成29年) I2月

ハマダ伝・改作版IN


IN MY LIFEIN

*CM撮影で、若き日の石坂浩二さんと

GALLERYヒストリーIN


駄句一句IN


はじめに

人生、のん気に暮らしたい。
だけど、なかなか呑気になんか暮らせない。
だから、暢気を装い、へらへらと…。

端暮は、はしくれと読む。一応、俳号というか、雅号のつもりです。はし‐くれ【端くれ】とは…1 木などの端を切り落としたもの。2 取るに足らない存在ではあるが、一応その類に属している者。多く、謙遜しながら自分を表すときに用いる。さて、端くれのくれを、暮としたのは、いよいよ自分が人生の 暮れ方、晩年に向かっているという意味合いも含めています。 そこで、これから、つらつらと思い立った時に書く私の日記を、 端暮日記としたいと思っています。

ところで、大正7年(1918年)頃から流行した俗謡で、添田唖蝉坊 (そえだあぜんぼう)が社会を風刺して歌い、昭和に入って演歌師の 石田一松も歌い、人気を博した、歌の終わりに「はは、のんきだね」 という 囃子詞(はやしことば)が入るところから、「のんき節」と呼ばれ た流行り唄があります。You Tubeで聴いてみようと捜したら、 春日八郎のレコードで、こんな歌詞の「のんき節」がありました。

のんき節

貧乏でこそあれ 日本人は偉い
それに第一 辛抱強い
天井知らずに 物価は上がっても
湯なり粥なり 啜っていきている
はは、のんきだね

万物の霊長が マッチ箱みたよな
ケチな巣に住んでる 威張ってる
嵐にブッ飛ばされても 津波を喰らっても
天災じゃ仕方がないさで 済ましてる
はは、のんきだね

月給を二倍に してあげましょう
税金も二倍に してあげましょう
物価は三倍 四倍に してあげましょう
私の算術なかなか 上手いでしょ
はは、のんきだね

パリの空の下 セーヌは流れる
東京は隅田という名の ドブが流れてる
オリンピックに集まる 青い目の人たちは
さだめし鼻を摘まんで 見物召さるだろ
はは、のんきだね

のんき節へ<IN

さて、さて、私、クリエイターの端くれとして、「人生は死ぬまで プレゼンテーション」だと思っています。コピーライターや、クリエイティブ・ディレクター、 プロデューサーとして、大した才能もないままに、いろんなことをやってきました。アート展や、音楽イベント、落語の会などの企画・プロデュース、 そして、作詞。最近では、がんという厄介ものを抱えながら、 山あり谷あり、あれやに、これや、色々と…。そんな中で感じたことや、 思ったことを、ざっくばらんに綴っていく所存です。


 桜散り皐月咲きだし木々芽吹き 2018/4/11(水)

          <最新の記事>

4月もアッという間に、もう中盤近くに差し掛かってしまいました。Facebookには、友人の油井昌由樹氏のことと、ギャラリー工のプロデュースでブンガード=ゲオデイー(鉄のクラフト)、桃子=ゲオデイー(絵画・陶)のご夫妻による二人展「タイからのおくりもの・15周年記念」を、アップタウン高円寺ギャラリーで4月7日から15日まで開催していることを載せました。

が、その間には、元小学館クリエイティブの編集長、川村氏がやってきたり、7月のWith展2018に向けて自薦作詞集の冊子づくりの準備をしたりと、何気に忙しい日々。すると、10日には、With展はもう卒業すると言っていた漆芸の金山さんから連絡が入り、まだ間に合うんだったら自分も参加したいという話。11日には、その対応でWith展2018のメインメンバーにメールをしたり、
金山さんに実施要項をメールをしたり。その返信が、メインメンバーのひとり平子さんからあり、私の病状の問い合わせもあったので、それに関して、さっそく次のような返信をしました。

ご連絡ありがとうございます。
第5クールに入り12日が定期健診です。

第4クールの後半で副作用がケッコーあったので、
1日4錠を、現在は3錠に減らして実施しています。
相変わらず副作用はあるものの、まずまずの状況。
CT検査の結果も、がんは縮小傾向で投薬効果は
継続しているということです。

明日で投薬の2週目が終わり、今までの経験だと
副作用が強くなる3週目に入ります。
この1週間が終わると1週間の休薬になるので、
もうひと踏ん張りです。
といった近況、基本的には元気にやっております。
では、では。

そんな折、日蓮宗の僧侶である好青年とお近づきになりました。そこで、改めて日蓮宗のことを調べてみました。

日蓮を開祖とする日本の仏教の一宗派。開宗は日蓮が「南無妙法蓮華経」という『法華経』の題目を初めて称えた建長5 (1253) 年であるという。所依の経典は『法華経』を第一とし、それに『無量義経』『観普賢経』を加える。本門の本尊、本門の題目、本門の戒壇のいわゆる三大秘法を立てるが、その本質はただ「南無妙法蓮華経」に尽きるとする。

「南無」はサンスクリット語で、「私は帰依します」の意味。「妙法蓮華経」は、法華経の御教えの意味で、法華経の教えを信じるという意味だということです。

妙法蓮華経の「妙」は「正しい」、「法」は「釈迦の教え」、「蓮華」は「白い蓮華の花」。白は真実、正義の色で法蓮華教のことでもあるそうです。

お題目とも言われる南無妙法蓮華経を連続して唱える行は、教えを信じ、自分が大宇宙の一点であることを宣言することを意味するそうで、同時に、大宇宙の一生命体である小宇宙が自分で、宇宙本来の流れや力を自分の肉体に呼び戻す回帰や覚醒の修行にもなるということです。

この青年と色々話をしたのですが、その時、私の自薦作詞集のCDーRを差し上げたのですが、後日、そのお礼にクラッシックが好きだという彼から村松崇継というアーティストの「Pano Sings」というCDを戴きました。聴いてみましたら、今っぽいアレンジのとても好感が持てる仕上がりのCDでした。

村松崇継のこともウィキペディアで。

作曲家として映画・テレビドラマの音楽や舞台・ミュージカルの音楽を数多く手がけ、様々なジャンルのアーティストへ楽曲を提供して音楽プロデューサーとして活動する一方で、自らもピアニストとしてソロアルバムを発表、コンサート・ライブ等でオリジナル楽曲を中心とした演奏活動を行う。とありました。

このCDにはピアノソロ・バージョンで入っているNHK土曜ドラマ「氷壁」より「彼方の光」ギター二重奏(Libera Far Away)がYouTubeにありました。興味のある方は聴いてみてください。

NHK土曜ドラマ「氷壁」より「彼方の光」ギター二重奏
(Libera Far Away)


NEXT
GALLERY工+Withに戻る