端暮日記 新連載! 
のんきな暮らし

年の暮れのんき装いへらへらと 端暮


もくじ

はじめに ●最新の記事
2017年・夏 (平成27年) <8月
2017年・秋 <9月><10月><11月
2017・18年・冬 <I2月><1月><2月
2018年・春 (平成28年) <3月><4月><5月>

ハマダ伝・改作版IN


IN MY LIFEIN

*CM撮影で、若き日の石坂浩二さんと

GALLERYヒストリーIN


駄句一句IN


はじめに

人生、のん気に暮らしたい。
だけど、なかなか呑気になんか暮らせない。
だから、暢気を装い、へらへらと…。

端暮は、はしくれと読む。一応、俳号というか、雅号のつもりです。はし‐くれ【端くれ】とは…1 木などの端を切り落としたもの。2 取るに足らない存在ではあるが、一応その類に属している者。多く、謙遜しながら自分を表すときに用いる。さて、端くれのくれを、暮としたのは、いよいよ自分が人生の 暮れ方、晩年に向かっているという意味合いも含めています。 そこで、これから、つらつらと思い立った時に書く私の日記を、 端暮日記としたいと思っています。

ところで、大正7年(1918年)頃から流行した俗謡で、添田唖蝉坊 (そえだあぜんぼう)が社会を風刺して歌い、昭和に入って演歌師の 石田一松も歌い、人気を博した、歌の終わりに「はは、のんきだね」 という 囃子詞(はやしことば)が入るところから、「のんき節」と呼ばれ た流行り唄があります。You Tubeで聴いてみようと捜したら、 春日八郎のレコードで、こんな歌詞の「のんき節」がありました。

のんき節

貧乏でこそあれ 日本人は偉い
それに第一 辛抱強い
天井知らずに 物価は上がっても
湯なり粥なり 啜っていきている
はは、のんきだね

万物の霊長が マッチ箱みたよな
ケチな巣に住んでる 威張ってる
嵐にブッ飛ばされても 津波を喰らっても
天災じゃ仕方がないさで 済ましてる
はは、のんきだね

月給を二倍に してあげましょう
税金も二倍に してあげましょう
物価は三倍 四倍に してあげましょう
私の算術なかなか 上手いでしょ
はは、のんきだね

パリの空の下 セーヌは流れる
東京は隅田という名の ドブが流れてる
オリンピックに集まる 青い目の人たちは
さだめし鼻を摘まんで 見物召さるだろ
はは、のんきだね

のんき節へ<IN

さて、さて、私、クリエイターの端くれとして、「人生は死ぬまで プレゼンテーション」だと思っています。コピーライターや、CD、 プロデューサーとして、大した才能もないままに、いろんなことをやってきました。アート展や、音楽イベント、落語の会などの企画・プロデュース、 そして、作詞。最近では、がんという厄介ものを抱えながら、 山あり谷あり、あれやに、これや、色々と…。そんな中で感じたことや、 思ったことを、ざっくばらんに綴っていく所存です。


    歳晩や芭蕉がネタの歌詞(うたし)かな 2017/12/8(金

          <最新の記事>

マンションの横の大ケヤキの葉も大分落ち、後1週間位で落ち切りそうであります。昨日は、がん研の診察日だったので柏に出掛けて行きました。やはり、ここのところ薬との格闘とでも言いましょうか、精神的にも、肉体的にも、スチバーガー中心の日々になっています。

分子標的治療薬・スチバーガーを飲み始めてから、血圧が上がったり、発熱したりの副作用があり、血圧降下剤を飲んだり、解熱剤を飲んだりしながら、数日を過ごして来ましたが、ここに来て、ひとつの傾向が把握出来ました。

それは、朝、食事前は、愛犬の散歩とか、落ち葉掃きなどの作業が可能で、朝食の後、スチバーガーと、血圧降下剤を飲む。そして、発熱し始めたりすると解熱剤を飲み、暫くベッドに横になり安静。熱が下がると平素の状態に戻ることが出来るというライフサイクルを発見しました。今日は、まだ発熱もないので、執筆作業に取り掛かれています。

そこで、今日は、端暮日記なので、俳句ネタでいこうと思います。
写真は、わが友高田文夫氏たちが本まで出した「いち・にの・さんぽ会」に参加させてもらった時に、奥の細道の旅をスタートさせた千住にある芭蕉像であります。そして、以下は、芭蕉の句をベースに以前の私が作詞したものであります。



あの娘とヒッチ俳句

    作詞:ハマダテツジ

俳句ゴーゴー 五七五  
俳句ゴーゴー 五七五
年の離れた二人が 
句会で出逢い 旅に出た
ヒッチハイクで 乗り継いで
奥の細道 どこまでも

「古池や蛙飛びこむ水の音」

芭蕉を気取って 俺らも一句 
五七五 五七五
侘びと寂びとの せめぎ合い

俳句ゴーゴー 五七五
俳句ゴーゴー 五七五
親子のような二人が 
浮世を捨てて 旅に出た
ヒッチハイクで 乗り継いで
奥の細道 どこまでも

「荒海や佐渡に横たう天の川」

芭蕉に負けじと あの娘も一句
五七五 五七五
燃える想いを そのままに

俳句ゴーゴー 五七五
俳句ゴーゴー 五七五
奥羽 北陸 大垣へ
道行気分で まっしぐら
ヒッチハイクで 乗り継いで
奥の細道 どこまでも

「旅に病んで夢は枯野をかけめぐる」

芭蕉にならって 二人で一句 
五七五 五七五
人生模様を 織り込んで

俳句ゴーゴー 五七五
俳句ゴーゴー 五七五

あぁ その日は暑い 夜だった
ちょっと不倫な 夢だった

やはり、芭蕉の句は、素晴らしいと思います。他にも、芭蕉にはこんな冬の句があります。

半日は神を友にや年忘れ
三尺の山も嵐の木の葉哉
海くれて鴨のこゑほのかに白し
いざ子ども走りありかん玉霰(たまあられ)
木枯に岩吹きとがる杉間かな
初時雨猿も小蓑をほしげなり
月花の愚に針たてん寒の入
箱根こす人もあるらしけさの雪
初雪や水仙のはのたはむまで

ところで、「いち・にの・さんぽ会」の散歩10コースを紹介した本「東京右側『笑芸』さんぽ」が、講談社から発売されているので、興味のある方は、ぜひご購読を。


NEXT
GALLERY工+Withに戻る