GALLERY工+with(ギャラリー工)は、
杉並らしくてなんだかホッとする、
大きなけやきの下にある
アートギャラリーとショップです。

赤いドアが入口です。


大きな窓があります。

東京都杉並区梅里1-8-8-101
03-3313-5065
info@ga-kou.com

1-8-8, Umesato, Suginami-ku, Tokyo
(+81) 3 3313 5065
東京メトロ丸の内線「新高円寺」駅、1番出口を出たら、青梅街道を新宿方面へ。五日市街道入口交差点を右折、2本目を左折です。
 

KOU GALLERY is a gallery and artshop, just a few minutes walk from Shin-Koenji station in the heart of Tokyo's Koenji district.
 

 
更新情報

こちらをクリック下さいますと、トップページが最新のものに切り替わります。→更新
 
展覧会とワークショップの情報を更新いたしました。→link
 
放置していましたinstagramを再開いたしました。→link
 
新連載!ずい筆ずっころばしを掲載いたしました。→link
 
For English, Please click 'read more.' Thank you.
 

 
展覧会開催日以外は不定休です。お出でいただく節は、OPENかどうか、お電話なり、メールにてご確認頂きますようお願い致します。
展覧会やイベントのご案内は、exhibitionのページをご覧ください。

For more information on the gallery, current exhibitions and the latest schedules. Please visit 'exhibition' site.

目次


 
杉並区の文化芸術活動助成事業にチャレンジして、「あのまちクンと、このまちさん」冊子を作りました。「アート」と「音楽」と「ブック」でつながろうというコンセプトで、3つのプロジェクトをカエデの種に見立てています。風に乗り、どこかへ運ばれ、クリエイティブの芽が生えたら良いなという思いで、御縁のあるお店やギャラリーに置かせていただいています。是非お手にとってみてください。ギャラリー工にも在庫あります。



 

 
2月に市田邸をお借りして開催しました「お台所展 冬やさい・春やさい」展に出品くださいました金工作家の南沢奈津子さんからメールをいただきました。 その時に販売しました、南沢さんが育てた安納芋の代金4500円(その際にお預かりした寄付金も含む)と御本人からの義援金を合せて5000円、「オダイドコロ チャリティ」という名義で、熊本県庁に振り込みましたとの事です。南沢さんに代わりまして御報告させて頂きます。 離れた場所にいる自分は、日々を前に向かって進むことしか出来なくて、もどかしいですが、ひとつひとつの事柄を大切に過ごしていきたいと思います。


 

 

 
展覧会と朗読演奏会
Exhibition

けやきの木のしたで 5つのおはなし part2

けやきの木のしたで 5つのおはなし

木彫と文章の展覧会(入場無料)
2016年7月16日(土)~31日(日)
11:00~19:00(最終日は17時まで)

演奏と朗読会(大人500円 小学生以下無料)
17日(日)14:00~/17:00~
18日(月祝)17:00~
24日(日)14:00~/17:00~

木村藤一(木彫、絵)
長井理佳(文、写真)
花岡英一(パーカッション)


木彫の木村藤一さんの作品のシリーズを1篇、童話作家の長井理佳さんのおはなしを4篇。この展覧会とあわせて、花岡英一さんのパーカッションと共に聴く朗読会を前回開催しましたところ、大変ご好評をいただきました。今回は、そのパート2です。今回は長井さんが新作を2篇、それから木村さんが長井さんの文章から想像した木彫の新作を制作しています。花岡さんのパーカッションも今回はジャンベの音など加わって、より変化に富んだ朗読会となりそうです。どうぞお出かけください。
 

 
ライブ
Live

音楽でつながろう!
カミング・ハミング サマーナイト

カミング・ハミング サマーナイト

2016年8月1日(月)
18:30開場 19:00開演
大人 予約4000円/当日4500円(税込)
子ども 予約2000円/当日2500円(税込)
ドリンク飲み放題! 定員80名様

8月1日のライブ「カミング・ハミング・サマーナイト」おかげさまで満員御礼となりました。当日券はキャンセルが出た場合のみ、ございます。 当日のチケットお問合せ 080-5672-4464 GALLERY工+with 濱田まで。

出演:アンクル☆させ(作曲家・佐瀬寿一)、ちくわぶ(Emma 野崎理人)、関谷真奈美(カントリー・シンガー)、渡邉理(キーボード&サウンド・プログラミング)、大下内義人(PAオペレーター)

ご予約 03-3313-5065 / info@ga-kou.com (ギャラリー工)


この頃、こころが渇いていませんか? 夏の夕暮れ、のども渇いていませんか? さぁ、いい歌聴いて、飲み放題。仲間を、家族を、気軽に誘ってお出かけを。
懐かしのヒットナンバー、カントリー、スタンダードがいっぱいです。

曲目は「暑中お見舞い申し上げます」「カントリーロード」「パタパタママ」「ゴールデン・バード」「みかん色の恋」「サマータイム」「蘇州夜曲」「およげ!たいやきくん」「KIZUNA」他

 
GALLERY工+withへ、さぁ!

▼続きを読む (read more)
 

 
東京・高円寺といえば、オルタナティブなファッション、音楽、レストランやバーなどの集う場所として近頃話題です。そのエリアから少し歩いたところにあるのが新高円寺。緑や寺院の多い穏やかなシチュエイションが特徴で、この環境を好んで、最近では隠れ家のようなお店も増えてきています。

「GALLERY工+with」は、この新高円寺駅の近くにあるアートギャラリーです。ここでは静かな気持ちで作品鑑賞が出来るとともに「ひとつだけを探そう」をコンセプトにコレクションをしたアートを購入していただく事ができます。

Gallery Koh+with is just a few minutes walk from Shin-Koenji station in the heart of Tokyo's Koenji district. A green and peaceful neighborhood dotted with temples, the area is an emerging hot spot for art, boutique fashion, music and food. Come, relax our at-home art space and discover a unique masterpiece of your own.
 

▲記事を閉じる
 

 
展覧会中も、常設ショップにカフェがございます。

コーヒー 350yen(HOT/ICE)
カフェ・オ・レ 400yen(HOT)
フェアトレード逗子珈琲、東ティモール産。

紅茶 350yen(HOT/ICE)
トワイニングのダージリン

ミントティー 350yen(HOT)
ポットサービスです。

ココア 400yen(HOT)
オランダのピュアココア。

レモネード 400yen(HOT)
蜂蜜で甘さを加えた、レモネードです。

小田原 梅サイダー 400yen
テイクアウトもあります。1本 230yen
曽我の梅を使った小田原の地産サイダーです。

オレンジジュース 350yen(ICE)
100%
 

 
GALLERY工ヒストリー

 
 

1995年6月に谷中で産声を上げ、2002年3月に杉並の梅里に移転。2013年3月からGALLERY工+Withとして新たなる船出をし、お陰さまで20年目を迎えました。

 
常設ショップより
webshop

antiques

この枠、ずっと更新していませんでしたね。常設展でbirdsをテーマに展示しているので、それを載せたいと思っていますが、トリいそぎはアンティークのデコイです。インテリアに飾って素敵です。

 
GALLERY工+withブログ

ブログでは展覧会の会場スナップを掲載しています。
Exhibitions archives

 
展覧会開催以外の日を、シェアスペースとしてお使いになりませんか?

▼続きを読む (read more)
 

上図の「ギャラリースペース」部分を、ワークショップやライブ、朗読会、お稽古、茶話会、句会…等々の、サロンのようにお使い頂くことが出来ます。


時間:【11:00~13:00】【13:00~15:00】【15:00~17:00】【17:00~19:00】

料金:2時間につき、4500円+税
※最長8時間

詳細はスペースシェアのページをお読みください。

▲記事を閉じる
 

 
エトセトラGALLERY工

 

 
大きなけやきの下に

ねこが来ました。
 

 
これまでの写真 / More photos

インスタグラムは、ギャラリーのことだけではなくて、生活のことをテーマにしてみました。

Instagram
 

 
まちのほんだな

本が育てる街・高円寺企画の「まちのほんだな」がギャラリー工にも置かれます。
いらない本をではなく、読んでほしい本を本棚に入れ、そして読んでみたい本を棚から持っていく、本の贈り物の交換の場です。本にメッセージカードを挟み、自分の思いを本と共に見知らぬ相手に届けることが出来ます。是非ご活用ください。